中絶手術の不安解消に役立てれば嬉しいです。
Entry
Archives
Link
Profile
Material
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
Others


スポンサーサイト
2010/08/02

一定期間更新がないため広告を表示しています


妊娠発覚まで
2010/07/14 00:00
●生理周期
 私は生理不順の方だと思います。
40日間来なかった月もあれば20日で来た月もありました。
妊娠発覚の前5ヶ月間程は30〜34日周期で比較的安定していました。

●生理が来ない
月経周期のアプリを使っておおよその生理予定日を割り出していました。
胸も張り始め、多少ニキビも発生しPMS開始かな、と思ってました。
しかし5日経っても1週間経っても生理は来ず、
胸は張るばかりで触ると痛くなり、生理前は(私は)おりものが多いはずなのにむしろ乾いてました。
やたらと性欲は亢進し、イライラしやすくなってました。
妊娠の初期症状を調べてみて、「乳輪にツブツブが出る」という記事を見た時にギクっとしました。
私は生理前は胸が張り、乳首が痒くなることもしばしば。
掻けばツブツブが出るのですが、それに加え乳首の色が濃くなる、という症状もありました。

●妊娠判定検査薬
「まさかなぁ〜」と思いながら、生理予定日から9日後、市販の検査薬を購入。
使ってみるとリトマスの様な検査薬は何のためらいもなく陽性反応を示してくれました…。

●基礎体温
夏に2ヶ月間ほど毎日付けていたのですが自身の体温が低いことと気温が高いせいもあり、生理予定日の割り出しにはあまりあてになりませんでした。
加えて面倒くさがりの性格もあり、付けるのはぱったりと辞めてました。
妊娠初期症状に「高温期が続く」とあります。
その記事を読んだ時は夕方〜夜だったと思いますがとっさに体温を測ってみると36.2℃。
全く高温ではありません。
しかし検査薬を使った日の晩に測って見ると36.8℃でした。
…病は気から…?

妊娠発覚の事実の衝撃
2010/07/14 00:01
 検査薬で妊娠が発覚した日は

「あ〜ーーーーーーー………」

という感じで物事を深く考えられず、「考えられないなら後から考えよう。1人で考えてもしょうがないし。」と思ってなんとなくケロリと過ごしてました。
相方は仕事中なのでメールで伝えました。

メールが返ってきたのは23時過ぎ。
仕事が終わってメールを返し、電車から降りて電話をかけ、そのまま私の家へ来てくれました。

彼の声を聞いた時の安堵感と、どうしようもない不安感で私はその晩ただひたすら泣きました。

なかったことにしたい
自然流産になってくれればいいのに
どうしていいかわからない
何も考えたくない

そんな考えがずっと頭の中にぐるぐるとありました。

整っていない環境
2010/07/14 00:02
 さてここで普通ならできちゃった婚でそのまま突き進んで行けばいいのだと思います。
私たちは間違いなくお互いを愛してますし、将来は結婚しても何の疑問も持たない仲です。

しかし私の経済状態と家庭環境がそれを許しませんでした。

●我が家の環境
まず私が定職に就いていないフリーターであること。
我が家は借金を抱える身で両親共働きであること。と、貯蓄がないこと。
父は家事の一切が不可能。飼っている犬の世話も散歩以外にまともに出来ないこと。
母が海外勤務のため、現在は私と父の二人暮らしで頼れる人間が身近にいないこと。

そしてこの事実を知ったら母が仕事を辞めてすっ飛んで帰ってくることでしょう。
そうなれば我が家の借金返済のメドが立たなくなること。

とにかくお金の問題が一番引っかかりました。



●当人2人の考え
相方は年下で、まだまだ独身謳歌の世代です。
私は彼に大いに遊んだ後に結婚を考えてもらおうと思ってます。
だからなるべく縛りたくないとずっと思ってました。これは今でも変わりません。

そして私は今までの2人を振り返って、「まだまだ2人でやりたいことがいっぱいある」という気持ちが強くありました。
この時は避妊やその他諸々に対し、しっかりしていない自分がくやしくて泣きました。

彼は産んでもおろしてもどちらでもいいと言ってくれました。
ただ、考えとしては「今は邪魔なだけだよね」とも言いました。

そうなんです。非人道的ですがこの言葉が一番しっくりきてしまうんです。
不快に思った方がいると思います。申し訳ありません。

彼の心配事は、自分は仕事が朝早く、夜遅く、助けになるには難しく、現在は私の母もおらず、1人で産んで育てられるのか、ということでした。

「でも今は…」

私の中で母親になる考えは微塵も思い浮かびませんでした。